目次

男性に発生する不感症とは?

男性の不感症という問題はとても大きな問題です。男性に多い不感症は色々な種類があります。
不感症の理由としては、相手の女性に性的興奮を感じないというものです。
性的興奮を感じないと、どんなにペニスを刺激しても勃起すらしませんし、気持ちが高ぶってくることが出来ません。
そういう場合でも自分が不感症だと思ってしまう原因となります。
それは相手を変えれば良いのだから不感症ではないのではないかと思うかもしれませんが、ほとんどの女性に性的興奮を感じることが出来ない人もいるので、それは大きな問題となります。
他にも不感症になってしまう原因としては、オナニーのし過ぎという原因でも不感症になってしまいます。
オナニーをすることによって、オナニーの状況でゆっくりとリラックスした一人の状況でしか感じることが出来ないということが起きてしまいます。
相手がいると、緊張してしまい感じることが出来ずに射精までいくことが出来ずに終わってしまうのです。
他には、AVの見過ぎという理由でも不感症になってしまうのです。
それはどういう事かというと、AVというのはリアルなセックスではなかなか体験出来ないようなことが映像として観る事ができます。
そうすると現実で性行為をするよりも刺激が強く、現実の性行為では全然興奮状態になることが出来ないようになってしまいます。
ペニスへの刺激ももちろんですが、精神的な刺激に対しても、刺激が強いものに慣れてしまうと、普通の性行為では感じられないようになり、結果的に不感症になってしまうケースが多いのです。
他にも、包茎手術を行ないその後遺症としてこと不感症になるケースもあるのです。なぜかと言うと、包茎手術すると手術前とは感覚が変わってしまうことがあります。
感覚が変わってしまいそれが違和感として感じてしまうと、それが気になってしまい後遺症として残ってしまうことがあります。
もし包茎手術をしたいと思っている人は注意が必要です。

男性膣不感症の症状について

男性膣不感症というのは最近とても増えています。その中でも男性膣不感症というものが存在します。
それは、自慰行為や女性の口や手から受ける刺激でオーガズムに達することはできても、女性の膣では射精出来ないというものです。
女性には考えられない事かもしれませんが、男性にとってはとても大きな悩みです。
男性の不感症がどうして発生してしまうかと言うと、大きく分けて三つあります。
一つは、オナニーの時に強い力でペニスを刺激してしまい、それくらい強い刺激がなければ射精出来なくなってしまうと言うものです。
他にも、床や布団に擦り付けてオナニーをするなどの刺激や摩擦が強い方法で行なっている場合。
自然とそれに慣れてしまって、それ以上の弱い刺激では、どんなに気持ちが盛り上がっていたとしても射精出来ないと言う現象が起こってしまいます。
ですから、オナニーをする際は強い刺激で行わないように注意が必要です。
他の理由としては、精神的な問題です。
過去に一度、中折れを経験していたり、過去のトラウマがあったり、緊張し過ぎていると言う理由でも不感症となってしまう原因となります。
気持ちが焦っていたり、緊張したりしているとそればかりに気を取られてしまって性行為に集中出来なくなってしまいます。
そうすると、気持ち良さも感じられずに結果的に不感症という状況になってしまいます。
男性というのは、意外と繊細な生き物なのです。どんなに好きな相手だとしても気持ちが落ち着いていないとそれだけで性行為中に中折れしたり、不感症になってしまったりします。
最後の一つ、不感症が発生してしまう理由は、加齢によるものということもあります。加齢によって男性ホルモンが減少してしまい、性的興奮が起きなくなってしまいます。
どんなに男性器の感度が良いとしても、そういった性的興奮が沸いてこなければ、どんなにペニスに刺激を与えたとしても感じることは出来ません。
ですから加齢による不感症ということもあり得るのです。